サンフランシスコに本部を持つ米国の環境NGO RAINFOREST ACTION NETWORKの日本代表部です

メディア掲載

Sustainable BrandsでNGO共同声明が紹介されました(2018/6/15)

Sustainable Brands「みずほFG、石炭火力発電などの投融資基準を厳しく」(2018年6月15日付)〜NGO共同声明位が紹介されました〜 「みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)は6月13日、責任ある投融資などに関する「特定セクターに対する取り組み方針」を制定した。兵器、石炭火力発電、パーム油、木材については環境・社会的にリスクが高い業種であるとし、特に注意が必要となる「留意する […]

Sankei BizでRAN「化石燃料ファイナンス成績表」が紹介されました(2018/5/24)

Sankei Biz「3メガバンク、気候変動リスク情報を初開示 石炭火力融資批判高まり」(2018年5月24日付)〜RAN「化石燃料ファイナンス成績表」が紹介されました〜 「三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)、三井住友FG、みずほFGの3メガバンクが7月にも公表する報告書で、気候変動が経営に与えるリスク情報を初めて開示することが23日、分かった。欧米の投資家を中心に、環境問題に熱心な企業を […]

BloombergでRAN「化石燃料ファイナンス成績表」が紹介されました(2018/5/14)

Bloomberg「生保の石炭火力融資、見直しの動き-第一生命は停止、日生は検討」(2018年5月14日付)〜RAN「化石燃料ファイナンス成績表」が紹介されました〜 二酸化炭素(CO2)排出量が多く環境への負荷が高い石炭火力発電向け投融資の見直しが世界で進む中、日本の保険各社が融資を抑制する動きが出ている。記事を読む

朝日新聞でRAN「化石燃料ファイナンス成績表」が紹介されました(2018/5/8)

朝日新聞「石炭火力融資、日本に批判 第一生命は見直し決定『世界的流れ』」(2018年5月8日付)〜RAN「化石燃料ファイナンス成績表」が紹介されました〜 「二酸化炭素(CO2)の排出が多く、地球温暖化への悪影響が指摘される石炭火力発電への投融資を巡り、日本の金融機関が批判を受けている。海外では手を引く金融機関が相次ぐ中、日本は政府が基幹電源に位置づけ、停止が難しい面がある。そうした中で、大手生保で […]

毎日新聞でRAN「化石燃料ファイナンス成績表」が紹介されました(2018/4/10)

毎日新聞「石炭火力、邦銀多額融資 1~4位は中国勢 国際団体公表」(2018年4月10日付)〜RAN「化石燃料ファイナンス成績表」が紹介されました〜 「地球温暖化を悪化させるとの批判が特に強い石炭火力発電事業に、中国の銀行や日本のメガバンクが多額の融資をしているとの報告書を国際環境団体のチームが9日、公表した。世界の主要36行のうち融資額1~4位を中国の銀行が占め、三菱UFJフィナンシャル・グルー […]

共同通信47ニュースでRAN「化石燃料ファイナンス成績表」が紹介されました(2018/4/9)

共同通信社47ニュース「石炭火力、邦銀が巨額融資 温暖化懸念、上位は中国の銀行」(2018年4月9日付)〜RAN「化石燃料ファイナンス成績表」が紹介されました〜 「地球温暖化を悪化させるとの批判が特に強い石炭火力発電事業に、中国の銀行や日本のメガバンクが多額の融資をしているとの報告書を国際環境団体のチームが9日、公表した。世界の主要36行のうち融資額1~4位を中国の銀行が占め、三菱UFJフィナンシ […]

オルタナでRAN「化石燃料ファイナンス成績表」が紹介されました(2018/4/9)

オルタナ「パリ協定に合致した銀行はない」(2018年4月9日付)〜RAN「化石燃料ファイナンス成績表」が紹介されました〜 「環境NGOレインフォレスト・アクション・ネットワーク(以下RAN)は4月9日、米国や日本、欧州の36の民間銀行について、環境負荷が極めて高い「エクストリーム化石燃料」への融資方針を格付けした報告書を発表した。同燃料への2017年の融資額は前年比110億ドル増の1150億ドル。 […]

RIEFでRAN「化石燃料ファイナンス成績表」が紹介されました(2018/3/30)

RIEF(環境金融研究機構)「昨年の世界主要銀行の化石燃料関連融資、前年比11.1%増の1150億ドル。カナダのタールサンド向け融資増が影響。日本勢は融資減るも評価はほぼ最低。国際環境NGO等が分析」(2018年3月30日付)〜RAN「化石燃料ファイナンス成績表」が紹介されました〜 「環境NGOのBankTrack、シェラクラブ、RANなどは、世界の主要金融機関が化石燃料関連の投融資状況を調査した […]

Sustainable JapanでRAN「化石燃料ファイナンス成績表」が紹介されました(2018/3/30)

Sustainable Japan「【国際】環境NGO、世界主要銀行の2018年化石燃料融資状況報告書発表。メガバンク3行ほぼ最下位」(2018年3月30日付)〜RAN「化石燃料ファイナンス成績表」が紹介されました〜 「国際環境NGOのレインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN)、バンクトラック、シエラクラブ、オイル・チェンジ・インターナショナル、Indigenous Environmen […]

オルタナにRAN川上豊幸が寄稿しました(2018/3/28)

オルタナ「東京五輪、紙調達基準案が抱えるリスク」(2018年3月28日付)〜RAN川上豊幸が寄稿しました〜 「東京オリンピック・パラリンピック組織委員会(東京2020組織委員会)の紙とパーム油に関する調達基準案が作成され、3月30日まで、一般からの意見募集を行っています。記事を読む